妻にすすめられてハゲ対策をすることに

ハゲ対策をしているのですが、使っている育毛剤の効果がないので別の育毛剤を使うことにしました。

 

育毛剤を買い替えてみると抜け毛が減ってきましたし、頭皮が痒いと思わなくなりました。

 

驚いています。

 

もっと早くこの育毛剤に買い替えていれば良かったと思いました。

 

ストレスはハゲにつながると聞いたことがあるので、ストレスをためないように趣味を楽しむようにしています。

 

髪に良いと言われている食べ物を食べて、健康的な髪の毛が生えてくるように願っています。

 

妻からハゲ対策をしてほしいと言われて始めたのですが、ハゲ対策をして良かったです。

 

以前はハゲ対策をしてもどうせだめだと諦めていたのですが、妻が励ましてくれたのでハゲ対策をすることにしました。

 

妻に感謝しています。

 

 

髪が薄くなるというのは男性にとって死活問題です。薄くなり始めてから何か対策を行うのではなく、髪がふさふさのうちから早めにハゲ対策を行うべきです。

 

中年以降にハゲになるであれば、まだ老化と諦めも付きますが、若いうちからハゲたくはないと誰しも思っているはずです。髪が薄いと老けて見られることが多くなります。そうならないためにも早めに対策をしなければなりません。

 

特に気をつけたいのは父親や叔父の髪が薄いという人です。遺伝も大きく関係しているので要注意です。ハゲ対策は基本的に清潔を保つことや規則正しい生活を送ることになります。毎日お風呂に入り髪を洗うのは当然として、食生活にも十分注意しないといけません。ストレスも大きな要因なので、何か発散できるものを見つけることも必要です。
またハゲる前から育毛剤を使用することで対策にもなります。万全な対策で大事な髪の毛を守りましょう。

 

必要以上に頭皮に触れない事がハゲ対策になる

頭皮をマッサージするという程度ならいいのですが、不必要に触るというのは感心しません。

 

ハゲ対策という事で色々とやりたくなる気持ちは十分に分かるのですけど、頭皮に触れるのは最小限に留めておくという様にしておくべきでしょう。なぜなら頻繁に触ることによって頭皮に炎症が起きてしまう可能性があるからです。こうなるとダメージになって新しく生えるはずの髪の毛も生えなくなってしまうかも知れません。

 

例えば薄毛になる時に頭の前側からというパターンが結構ありますが、これは必要以上にその辺りを触っているからという理由が大きいのです。気になっても触らない。虫に刺された時と同様に弄らない事が有効なハゲ対策になるという訳です。

 

ハゲ対策に活用しているサプリメント

薄毛になって以来、髪に良いことは何でもするという気持ちでハゲ対策を実施しています。

 

発毛剤の使用から始まり、頭皮を良い状態に維持するためのシャンプーの使用、栄養バランスが良い食事、運動や睡眠時間など、髪のためと考えてハゲ対策を頑張っています。その一環としてサプリメントを活用しています。

 

当初はサプリメントが髪に効果的とは思っていませんでした。

 

しかし、髪は皮膚から生えているので、皮膚のケアを行うことは髪のためになることです。たとえば、ビタミンのサプリメントを使用することで、不足していたビタミンを補うことができます。その結果、肌の状態が向上し、皮膚から元気な髪が生えてくるのではと考えています。サプリメントは手頃な価格で簡単なハゲ対策なので、続けていくつもりです。

 

 

更新履歴